SEOチューニング

SEOだけではWebサイトは成長しない

Webサイト運営では検索エンジン対策が重要なのは広く知られていますが、一番大事にしてほしいことは「閲覧者にとって有益な情報を発信し続けること」です。

Google検索アクセス数や表示順位だけにとらわれてしまうWebサイト管理者や経営者が多い現状ではありますが、検索エンジン最大であるGoogle曰く、「Googleの使命は、世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすること」ですから、形だけの検索エンジン対策ではいずれ見破られます。

過去に、リンクファーム・ワードサラダなど、Googleとユーザーを欺くコンテンツで上位表示を狙っていたWebサイトは、対策が取られるたびにペナルティを受け、現在も浮上するチャンスすら与えてもらえないようになってしまったものもあります。

クレバードでは「閲覧者が満足する情報を提供する、コンテンツマーケティングを重視したSEO」を行います。Webサイト制作者と閲覧者との接点を導き出し、閲覧者が欲しい情報を最良のカタチで提供できるようにサポート致します。

SEO技術の変革

前述のようにGoogleがWebサイトの評価で最も重視しているのはコンテンツです。
しかしながら、現在のようなhttps通信が推奨されるようになってから、どのようなキーワードで訪問してきたかを判断することが出来なくなってしまいました。

Google検索の結果このような現状であるので、Webサイト管理者は、どのWebページが人気があるか?をもとにコンテンツを作ることになります。

そこで注目されるのがコンテンツSEOと呼ばれるSEO対策です。

コンテンツSEOではターゲットとなる閲覧者が求めている満足度の高いコンテンツを提供することを第一とします。閲覧者のニーズを正確に把握し、情報を得るために用いているキーワードを十分理解したうえで、コンテンツを作成していく。大切なのは閲覧者を意識したコンテンツを作り上げることであって、その結果として検索表示の上位を目指すことになります。検索上位表示ありきの中身のないコンテンツを作ることではありません。

コンテンツSEOを行う上で重要なこと

  • ユーザにとって有益な情報であるか?(分析)
  • ユニークで良質なコンテンツであるか?(制作)
  • 継続的なコンテンツの提供はできているか?(フォロー)

コンテンツがユーザーにとって有益であるかどうかが重要視され、デザインがよいからといっても閲覧者の満足を得られていなければ、価値のないサイトだと判断されてしまいます。アクセス解析では、主にサイト滞在時間と、離脱率にて評価されます。

検索サイト・ポータルサイトは現代社会においてすべての入り口といっても過言ではありません。きっちりとしたマーケティングの上、適度な施策を行い、優良サイトとして認識されることが必要です。

より細やかな内部施策

検索エンジンはWebサイトの情報取得源として文章だけでなく画像や動画情報も取り込むようになっています。これらも細かく紐付けてあげることでより多くの情報がサイトにあることを検索エンジンに認識させることができます。細やかな施策に対応出来るWebサイトは企業様にとって強い武器となります。

クレバードでは、HTMLマークアップやmetaタグの調整はもちろん、良質なコンテンツを提供するためにヒアリングを行い、そして丁寧かつ着実に閲覧者が望む情報とキーワードのマッチングを図ります。

マーケティング重視の外部施策

クレバードでは、良質なコンテンツありきの下で、リスティング広告のプランもご用意しております。
基本的にはクライアント様のご意向に基づく施策となりますが、短期間での施策となる為、密に結果のご報告をしながらのご対応となります。

Webサイトのあるべき姿を求めて

検索エンジンからの流入キーワードが取得できなくなった現在、SEOとして取り組むべき手法は、ユーザがどのようにWebサイトに流入してくるかを想定した対策であり、「技術に頼った表面的なSEO」ではなく、「自社の商品とビジネスマインド」をWebサイトでしっかりと伝えることです。

スマホで見るYahooトップ画面Webサイト最適化はすぐに効果が表れるものではありません。
丁寧な検索エンジン対策を施し、着実でスピーディーな更新を行う。これはWebサイトが成功するためには最も近道となります。

WEBコンサルティングプランPもしくはBをご契約のお客様は、検索エンジン対策のお打ち合わせを定期的に行い、その結果に基づきサイト更新を行う事が出来ます。また、伸ばしたいキーワードやWebサイトの方向性など、ご希望に基づいたサイト更新を行います。