デジカメ、スマホの写真撮影枚数を増やそう

推奨サイズは1600×1200

最近のデジカメは高解像度、高画質化が進み、購入したままの状態だとそのカメラの持つ最高の画質で保存されるようになっています。記念日や晴れの舞台など高画質で残しておきたい場面と、メモ帳代わりのスナップショットまで同じ画質ではメモリーカードやハードディスクの容量の無駄遣いになります。そこで、デジタルカメラの設定を変更し、保存されるファイルサイズを小さくしてしまいましょう。

ほとんどのデジタルカメラは、L・M・Sのようにリサイズ内容があらかじめセット(プリセット)されていて、あらかじめ適切なモードに設定しておけば、たくさんの写真を効率よく収めることができます。

お手持ちのカメラでも、メインメニューからの操作で撮影時のサイズを説明している項目があるかと思います。

Canon Powershot G11の場合、「用紙サイズ」で大きさを分かりやすく表示してくれています。1600×1200(推奨サイズ)は、「L判やはがきサイズで印刷するのに適しています」となっています。

また、画質を落とすことでさらにコンパクトにすることができます。画像サイズと画質は双方とも影響を及ぼさない設定項目になり、それぞれの設定によりファイルサイズが増減します。具体的には同じサイズでも圧縮率が高い(色を出す区画が大きい)ほどファイルサイズが小さくなり、圧縮率が低い(区画が小さい)ほどファイルサイズが大きくなります。

たとえばCanon Powershot G11やS95には、ノーマルモードとファインモードがあります。

ノーマル「より多くの画像を撮影出来ます」
ファイン「高画質で撮影出来ます」

画質については設定後試し撮りして、本番で使えるように通常と何が違うのか比べておくことも必要です。説明書等を見ても分からない場合はクレバードまでお気軽にご相談ください。

デジカメの進歩と同様に、iPhoneやスマートフォンなどに内蔵されるカメラの性能もガラケー時代に比べて格段に向上しましたので、撮影条件が厳しくなければスマホのカメラでもかなりの写真が撮影できることを皆様はご存知かと思います。しかしながら、iPhoneに搭載されているカメラは標準でサイズ設定しての撮影機能がなくファイルサイズがかなり大きくなってしまいます。iPhone、iPad、iPod touchなどリサイズ等のオプション機能はすべてアプリでの対応となりますが、Androidスマホ、タブレットでは純正のままサイズ変更が可能です。

iPhone用アプリ「Simple Resize」 は、内蔵カメラで撮った写真を例の様にサイズを変更してから保存する事が出来ます。 まずはAppストアから「Simple Resize」を検索しインストールします(このときApple IDが必要です)。「Simple Resize」で撮った写真を保存出来るように、ダウンロード後アプリの初期設定を以下の設定手順で行っておくと慌てることなく写真撮影に集中できます。

一眼レフタイプデジタルカメラ、コンパクトデジカメ、スマートフォン、タブレットなどの撮影機器の設定や使いこなしでお困りなら、お気軽にご相談ください。


デジカメ・スマホ写真の撮影枚数を増やそう
「デジカメ・スマホ写真の撮影枚数を増やそう」絶賛公開中!
http://www.cretbird.co.jp/tios/resize.html

メニューに戻る